•  
  • 卒園児さんのご活躍(メディア掲載)

1万人を超える、世界に広がる、
卒園生(大和っ子)たちのその後

現役で今でも活躍中の教頭萩原先生、主任佐々木先生、副主任屋島先生、私たちの教え子の方たちが様々なジャンルでご活躍されていることをとても嬉しく思っています。また最近では、教え子の皆様が保護者になられてお子様を大和幼稚園に入園させたいと来園されることも増え、再会できる度に感慨深い今日この頃です!

大和幼稚園の卒園児さんたちは、各界でご活躍をされています!

卒業生のご紹介

大正製薬株式会社
代表取締役社長

上原 茂様 (昭和57年卒園)

プロフィール・活動

昭和51年生まれ。慶應義塾大学卒業後、大正製薬株式会社に入社。平成12年に米国のアボット・ラボラトリー社(現:アッヴィ社)に出向し、営業部門やマーケティング部門に従事。平成16年にノースウエスタン大学ケロッグ校に入学し、MBA取得後に帰国・復職。平成24年に大正製薬株式会社代表取締役社長に就任。
大正製薬は、ドラッグストアや薬局・薬店で購入できる、リポビタンDやパブロン、リアップ等のOTC医薬品を中心とした「セルフメディケーション事業」と、病院やクリニックなどで処方される医療用医薬品を手掛ける「医薬事業」を両輪として事業を展開。また、平成13年よりラグビー日本代表のオフィシャルスポンサーを務め(平成28年からオフィシャルパートナー)、スポーツを通じた社会貢献も目指している。『健康と美を願う生活者に納得していただける優れた医薬品・健康関連商品、情報及びサービスを社会から支持される方法で創造・提供することにより、社会へ貢献する』という使命を果たすために、国内外併せて30社を超えるグループ会社の総括を務める。

千葉大学医学部附属病院
消化器内科医師

鈴木 英一郎 様 (昭和58年卒園)

プロフィール・活動

千葉大学医学部卒業後は医師として総合病院、国立がんセンター東病院勤務、留学を経て、英国University of College of London(UCL)ロンドン大学附属病院で消化器癌の診療、研究にあたっていた。とくに抗がん剤に関する基礎・臨床研究をおこなっていた。
現在、千葉大学医学部附属病院消化器内科医として勤務。

東京大学生産技術研究所
准教授

小林 徹也 様 (昭和58年卒園)

プロフィール・活動

東京大学工学部卒業。同大学院修士課程、同大学院新領域創成科学研究科 博士課程を修了。平成20年 東京大学生産技術研究所着任後、平成22年より現職(准教授)。
その間、JSTさきがけ研究員、イギリスUniversity College London訪問研究員を歴任。生物を物理的に理解する研究などに従事。

東京大学 生産技術研究所 定量生物学 研究室ウェブサイト
https://research.crmind.net/index.html

観世流能楽師

武田 祥照 様 (平成4年卒園)

プロフィール・活動

昭和62年観世流能楽師・武田尚浩の長男として生まれる。二歳にて初舞台。慶応義塾大学文学部国文学専攻卒業。以後斯道を歩む。現在は能楽師として年間130を超える公演に参加し、日本だけでなく、アメリカ、中国、フランスなど世界でも公演。その他、年に50回ほど保育園児から一般の方までな幅広く能楽普及の為のワークショップを開催。

観世流能楽師

武田 崇史 様 (平成7年卒園)

プロフィール・活動

平成元年12月6日に観世流シテ方能楽師武田尚浩の二男として東京練馬に生まれ、3歳にて初舞台を勤める。平成24年、早稲田大学文化構想学部卒業。父の下で研鑽を積みながら、年間約90公演に携わり、年間2~3番程シテ(主役)を勤める。その他東日本大震災支援活動「玉兎の会」や能の魅力を探る「桜柳の会」など能楽普及の為の講座も行う。

お能のワークショップ

お能の謡や発声、ご挨拶などを
教えて頂きました。
閻魔様の舞も見せて頂きました。

デザイナー

久保 貴昭 様 (平成5年卒園)

プロフィール・活動

高校卒業後カナダへ5年間留学し、College LaSalleにてファッションを学ぶ。
2011年に帰国後、ファッションブランドglambに入社。チーフデザイナーとして、年間500型ほどのデザインをしている。3ヵ月に1回、コレクションのルックブック撮影で海外ロケへ。芸能事務所も経営している会社で、アイドルの衣装デザインもしている。

女優

大鶴 美仁音 様
(平成10年卒園)

プロフィール・活動

日本大学芸術学部卒。04年に13歳で映画『ガラスの使徒』に初出演。05年、唐組『秘密の花園』で初舞台。以来、新宿梁山泊公演では『風の又三郎』(06年)『少女仮面』(13年)『ジャガーの眼』(14年)、紅テント公演では『ジャガーの眼』(08年)『黒手帳に頬紅を』(09年)『ひやりん児』(11年)に出演。そのほかにも劇団俳小『少女仮面』(12年)、トム・プロジェクトプロデュース『案山子』(14年)、青蛾館30周年記念『星の王子さま』(14年)、シアタープロジェクト静岡2013/2014シーズン『美しきものの伝説』(14年)、カクシンハン第七回公演『カクシンハン版オセロー Black Or White』(15年)、劇団印象-indian elephant- リーディング『グローバル・ベイビー・ファクトリー』(15年)などに出演多方面に活躍中。現在は劇団唐組「ジャガーの眼」の舞台に出演中。

俳優

大鶴 佐助 様
(平成12年卒園)

プロフィール・活動

日大芸術学部中退 2005年、12歳の時に映画『ガラスの使徒』でデビュー。その後も、映画「おかあさんの木」「神様の言うとおり」「EDEN」「ガラスの使徒」等。TV、NHK『私が子供だった頃~劇作家・演出家 唐十郎』『ゆとりですがなにか』(第2話)『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(第4話)等。舞台『豊饒の海』唐組第61回公演『吸血姫』『プレイヤー』『ロミオとジュリエット』<NINAGAWA×SHAKESPEARE公演>糸女郎』『盲導犬』『MANN IST MANN -男は男だ-』『エダニク』数々の話題作に出演。お父様譲りの大胆さとご本人の持つ繊細な演技にますます期待値があがる注目の若手俳優さんとして活躍中。

指揮者

浅野 将己 様 (平成12年卒園)

プロフィール・活動

2017年に東京音楽大学音楽学部音楽学科作曲指揮専攻(指揮)を卒業。大学で指揮研究員としてレッスンなどのアシスタントを務めているほか、音大生有志のオーケストラやオペラ、アマチュアのオーケストラ、吹奏楽、マンドリンアンサンブルなどの指導をして経験を積んでいる。

東京大学大学院医学系研究科
医学博士課程4年

佐野 俊春 様 (平成8年卒園)

プロフィール・活動

医師。平成26年、東京大学医学部医学科卒業。日立総合病院、東京大学医学部附属病院にて臨床研修を修了後、東京大学大学院医学系研究科医学博士課程に入学。認知症、神経変性疾患、精神疾患に関心があり、研究を通じて疾患の治療法開発への貢献を目指す。現在はマウスを用いて、アルツハイマー病の病態制御方法を研究している。

明治大学政治経済学部4年
体育会ラグビー部
ポジションPR(プロップ)

笹川 大五 様 (平成15年卒園)

プロフィール・活動

幼少期よりラグビー、柔道、サッカー等のスポーツを経験、中学よりラグビー一本に的を絞り、高校時代にはU17日本代表に選ばれる。現在は大学日本一を目標に日々精進している。

成城大学経済学部2年 体育会ラグビー部
横河武蔵野アルテミ・スターズ
(女子ラグビークラブチーム)

笹川 翼 様 (平成17年卒園)

プロフィール・活動

小学2年生よりゴルフを始め、毎日練習に打ち込んでいましたが、高校2年の夏、兄の影響もあり以前から興味があったラグビーに転向、まだ競技歴は短いですが、高い目標を目指し大学とクラブチームの練習に、日々励んでいます。

笹川兄妹に1日ラグビースクールを
してもらいました。

パスやタックル、ボールを後ろに渡すこと等教えてもらいました。ワールドカップも影響してラグビーごっこが大人気に!

当園の教育が色々な雑誌・書籍に
紹介されました。

大和幼稚園の教育について紹介された雑誌・書籍一覧

「記事読めます!」をクリックしますと
当園が紹介されたページをご覧になれます。