•  
  • 教育の特色

大和幼稚園ってこんなところ!

豊かな環境による教育

都会の中で、兄弟姉妹の少ない家庭で成長する現代の子どもたちが、自分から想像力を働かせ、五感で自然を感じ、友達といっしょに遊びを創り出し、協力して生活していける緑豊かな環境作りに努力しています。

園庭

都会のど真ん中の中野区ではありますが、周辺を中学校、公園に囲まれた日当たりの良い2411平方㎡の広々とした静かな敷地内には、四季の樹木、草花、田んぼ、ビオトープ、畑、ウサギ、カメ等の動植物の間に、遊びながら身体の発達をうながす20種類以上の遊具を備えています。

室内

採光のよい室内には、おままごとコーナー、造形コーナー、変身ごっこ用衣装の他、積み木、ブロック、電車等のおもちゃ、粘土、楽器、絵本等、その他豊富な教具を配しています。また衛生的で清潔な室内環境を心掛けています。(冷暖房完備)本館、正門館、白亜館全ての園舎に耐震補強工事を実施しております。

複数担任制(チームティーチング)による保育

本園では全クラスに2名の教諭を配し、協力し合いながらきめ細かい保育を実践しています。園長、副園長、教頭、主任以下30名以上の教員・スタッフがおります。若手、中堅、子育て経験者のベテランの教職員が一丸となって協力しながら、多くの目でお子様の育ちを援助しています。また、保育の質を維持するために実践研修会等に教職員が積極的に参加し、常に内外の最新の保育情報を取り入れ質の高い保育を実践しています。

大和幼稚園ってこんなところ!

遊びを大切にした保育

広い土の園庭で泥んこになって、のびのび遊びませんか!

「遊びは子どもの生命です!」ごっこ遊び、鬼ごっこ、おままごと、色水遊び、泥遊び、水遊び、廃品工作作り、
ダンゴムシ探し、カタツムリ探し、シャボン玉遊び 木の実やタネ、石ころ、葉っぱ集め等幼稚園の環境は遊びの宝庫です。

泥遊び・水遊びはとにかく楽しい!!

今、中々泥遊びや水遊びができない生活環境だからこそ、大和幼稚園では出来る環境を作っています。みんな裸足になって思いっきり遊んでいます。

泥団子作りは大和幼稚園人気NO1!です。泥団子作りはとても奥が深い遊びです。子どもたちに以下のような様々な発達や学びをもたらしたり、癒し効果があったり身体の耐性を育てたりします。

泥遊びや泥団子作りによって育つもの

  • 社会性の発達や言語面での発達(おともたちとおしゃべりしたり、作り方を教え合ったり、協力したりすることで社会性が発達します。年長さんが年少さんに「白砂を沢山かけるとだんだん固まってくるよ。」 「あそこにサラサラの白砂があるよ。」なんて教えてあげたり、情報交換したり。
  • 想像力が育ちます。様々なものを泥で作ることができ、子どもたちはそれらを見立てて遊びを広げていきます。形を変えたり、何かを作ったり壊したりを繰り返すことが泥は可能です。
  • 集中力がつき、ものを大切にするようにもなります。 泥団子作りは根気よく白砂を何回も何回もかけて、大切に育てることが必須。そのため子どもたちみんな集中してもくもくと作っていきます。まるで自分の分身なので途中アクシデントで割れてしまうと大泣きなんてこともしょっちゅうです。粘り強く頑張ることによって忍耐力や非認知能力も育ちます。大和幼稚園では、一人一人に牛乳パックで作った泥団子ケースがあります。
  • 五感を刺激し、感性が育ちます。
  • ストレス発散や癒し効果があります。大人だって、泥パックすると癒されますものね。
  • 菌への耐性ができます。現代の子どもたちは無菌、無菌といった環境で育っていますが、それでは身体がどんどん菌に対して弱くなってしまいます。泥に触れることで菌に対抗する耐性が育ちます。

水遊び、色水遊びも大人気な遊び!

大和幼稚園ってこんなところ!

1日の流れ
(おおよその目安です。冬時間・夏時間・行事の有無により若干変更します。)

  1. おはようございます

    8:00〜
    順次登園(お歩きコース・バスコース・保護者の送迎)
    室内自由遊び(コーナー設定)

  2. 9:00〜
    戸外自由遊び

  3. 9:30〜
    はとぽっぽ体操・英語遊び・戸外自由遊び

  4. 10:30〜
    朝の会(歌・先生のお話)
    設定保育(一斉活動)カリキュラムの時間

  5. 11:30〜12:00 お弁当
    室内遊び・戸外遊び

  6. 13:30〜
    降園準備・読み聴かせ

    14:00先生さようなら、
    また明日!

カリキュラム・設定保育(一斉活動)の時間

本園では、子どもの実態や発達に合わせた、より綿密な保育計画を作成し、年少、年中、年長組のそれぞれの年間目標を基盤に、カリキュラムを作成しています。子どもの興味や関心、発達、季節等を考慮し、園で計画した造形活動や行事に関する活動、制作、ワークブック等をクラスで行う時間があります。教材は、発達段階を考慮したものを選択し、無理なく思考力および手先の巧緻性を養います。

造形・ひょうげん活動(豊かな感性と表現)

絵の具のぬたくり(ボディペインティング)・フィンガーペインティング

造形活動は子どもの心を自然に表出させるのにとても有効なツールです。
大和幼稚園では、造形活動・表現活動を行う上で3つのことを基本に考えています。1つ目は、「豊かな感性と表現」を育てるために、「子どもの生活が生き生きとしたものであること」2つ目は「安心して自分らしさを周囲に出せること」、3つ目は「心を動かす出来事などに触れ感性を働かせる中で、様々な素材の特徴や表現の仕方に気づき、感じたことや考えたことを自分で表現したり、友達同士で表現する過程を楽しんだりし、表現する喜びを味わい、意欲をもつようにすること」です。この3つが園生活を送る上でも、表現活動を行う上で最も大切にしています。

次に大切にしていることは、「子どもたちの主体性」です。どのクラスにも、朝、子どもたちが登園してくると、「造形コーナー」があり、いろいろな材料で好きなものを、自ら自発的に自由に作ることができるように環境設定しています。

造形コーナーでの廃品工作

「ひょうげん」の活動

この活動で大事にしていることは「五感を通して感じる」・「印象的な活動・自然体験を生かす」の2つです。子どもたちは絵具・版画インク・ホイップ粘土・マジック・クレヨン・和紙・色画用紙・折紙・毛糸・木材・紙粘土等に触れ、遊びながらその感触に親しみ、材料の特質を感覚的にとらえていきます。時には異質な材料同士を組み合わせることで生まれる新しい世界に、イマジネーションを広げていきます。

様々な画材を使って

大和幼稚園ってこんなところ!

プロジェクト型の協同的活動
(協同性、思考力の芽生え、言葉による伝え合い、自立心)

 大和幼稚園では、子どもたちの興味、関心をベースに、一つのテーマをクラスのみんなで探求する活動を取り入れています。
これは、「プロジェクト型の活動」「総合的な活動」などと一般的に言われているアプローチで、子どもたちの主体性、探究心、協同的な学び、非認知能力を育むことに重点が置かれています。

例手作り劇(年長組)

  • 子どもの興味、関心のあるもの、普段の遊びや流行っていること等からテーマを決定。
  • 先生たちと一緒にブレインストーミングでウェブ作り。
  • 子どもたち同士の話し合い・対話。
  • テーマについて調べる。(図鑑や絵本等)
  • 手作り指人形を使ったごっこ遊び、ゲームなどを通してテーマについて関心を深める。
  • テーマについて描画や粘土、立体にして表現する/発表する。
  • ストーリーの完成。その後、台詞を子どもたちが話し合って決めていく。台本完成。
  • 歌や踊り、大道具、小道具、衣装なども子どもたちのアイデアを出し話し合って作り上げていく。
  • 実際に演じる。(こうした方がもっと良いかもなどの意見も出てくる。)
  • 友達の表現を見て刺激し合う。表現する楽しさ、達成感を味わう。
  • ▶︎ テーマについて深く探求し理解することが可能となる。
  1. 1

    みんなの興味のあることをテーマにして
    話し合っているところ

  2. 2

    手作り指人形を使ったごっこ遊びで
    イメージを膨らませる

  3. 3

    ストーリーを子どもたちで話し合って
    決めていく、台詞も皆で決めていく

  4. 4

    台本が出来たので、自分の台本にお絵かきマイダイホンの完成!

クラスみんなで考えた手作り劇が実現しました!
背景もみんなで描きました!

衣装を着た自分の絵を描きました。

プロジェクト型の保育をした結果
育ったものは?先生たちの意見!

  • こども同士が自分たちで徹底した話し合い(対話)をすることで、今まで接点のなかった子どもどうしが話し合いを通して仲良くなったり、協力してお話や台詞、歌や踊り、大道具小道具作りに励み、子どもたち同士の協調性が出ました。

  • 自分たちが活動の担い手だったため、自らの興味関心や意欲を保ちながら周囲との関わりの中で、ねばり強く物事に取り組むことで非認知能力が育っていきました。

  • 自分たちで作ったということで自信がつき、自己肯定感(SelfEsteem)が高まりました。プロジェクト型保育の実践は、結果として子どもたちに本質的な学びをたくさん与えてくれました。子どもたちも先生たちもとても楽しかったです。

  • 自分の意見を言ったり、他人の意見を聞く態度が身に付きました。

  • 子どもたちの満足感や充実感は大きく、心を1つにして何かを作りあげる喜びを大いにかんじられたようです。

お母様の感想

「大和幼稚園のプロジェクト型の保育の手作り劇のメイキングビデオを見て、子どもたちの話し合いの過程や時に意見が割れてしまってまとまらなくなる様子、みんなの前でチームの発表をする様子等子どもたちの普段の素の様子をみて、こうやって集団の中での関わり合いから学んでいくのだなと思いました。娘は自分の考えを言葉で相手に伝えること、周りの違う意見を聞くこと、違う考えにも寄り添えることになることなど、みんなと一緒に学ばせて頂いたと思います。これが、まさに「主体的で対話的な深い学び」なのだと痛感しました。こどもの興味、関心を先生方がすくいあげて活動に生かしていることもよくわかりました。幼稚園児なのにブレインストーミングを取り入れるなんてすごいと主人とウェブを見ながら関心しました。」

プロジェクト活動とは

イタリアのレッジョ・エミリア市が運営する幼児教育機関の教育アプローチが有名です。欧米、北欧、アジア諸国でもこのアプローチは広く取り入れられています。
大和幼稚園の教諭たちが1995年に英国人研究者たちとレッジョエミリア市の保育を見に研修に行き幼児教育の質の高さに衝撃を受けたことがきっかけで園の活動に取り入れることになりました。

  • プロジェクト型保育の実践研究

    大和幼稚園のプロジェクト型の保育の実践が本になりました。
    出版社:北大路書房
    共著:角尾 和子・門脇 薫子

  • 子どもたちの100の言葉

    イタリア レッジョエミリア市の
    幼児教育実践記録
    出版社:学研
    大和幼稚園の教諭が編集協力しました。

大和幼稚園ってこんなところ!

自然と食育の活動

自然との関わり生命尊重

本園では、自然観察、球根植え、田植え、種まき、野菜や果物の栽培、収穫、料理(ジュース作り、ジャム作り、ケーキ作り、カレー作り、焼き芋等)の食育活動を取り入れています。

春 Spring

・春の園庭散策、自然観察

4月 桜、チューリップ、水仙、ヒヤシンス、ツツジ、たんぽぽ 新緑、ダンゴムシ、蝶、アリ等

  • お隣の第四中学校での自然散策

  • 朝顔を育てて支柱たて

  • ダンゴムシは大人気

  • お米作り

  • 幼稚園の田んぼにて田植え

  • ビワもぎ

  • ぶどうに袋をかけます

  • 夏野菜を育てる

    キュウリ、トマト、なす、トウモロコシ、大根等。 土運び、肥料、水やり

  • 大和幼稚園のお庭に夏みかんの木が2ほんあります。

  • みかんを絞って

  • ミキサーにかけ

  • お砂糖を入れてグツグツ煮ます

  • リッツにつけて美味しい

夏 Summer

じゃがいもほり、幼稚園の畑と農園畑の両方で。

ようちえんの畑も豊作

農園のじゃがいもは大きいよ!

野菜の収穫 えだまめ豊作!

カレー作り

  • じゃがいもを洗って

  • ピーラーで皮をむいて

  • 包丁で切って

  • ニンジンを切って

  • 大きなお鍋でグツグツ

  • ハイどーぞ

  • 自分達で育てたお野菜で作った
    カレーは最高に美味しい!

秋 Autumn

やきいも

  • さつまいもほり
    園で収穫と練馬の農園で収穫の両方

  • ばら組さんが
    掘ってきてくれた
    さつまいもを洗って。

  • さつまいもを
    キッチンペーパーで巻き巻き
    さらにホイルでくるみます

  • 炉に入れて

  • みんなで拾った
    落ち葉を入れて

  • 落ちばたきの匂いを五感で感じながら
    食べる焼き芋は最高!

  • 幼稚園のお庭で実った
    くるみを刻んで

  • アーモンドプードル、バター、
    薄力粉、お砂糖、卵、
    オレンジピール等の
    材料と一緒に混ぜて

  • 焼き上がりました

  • 美味しいね

  • お砂糖を入れて

  • 絵本と同じフワフワのカステラが
    焼き上がりました。

  • ぐりとぐらのお話を
    クリームドロリで表現しました。
    (ホイップ紙粘土)

冬 Winter

みかんをしぼって

はちみつ入れて
ミキサーでしぼって

雪合戦するよ!

雪遊び

雪だるま作り

こども教育宝仙大学
今井景子先生の
食育のワークショップ

カレー作りの前に、食育のワークショップをして頂いています。赤いなかまの食べ物、黄色いなかまの食べ物、緑のなかまの食べ物の働きについて解りやすく教えて頂きました。クイズをしたり、歌を唄ったりして食べ物について楽しく学びました。

できるかな?やってみよう・・・できた!おいしい!!

「大和幼稚園の食育は、ワクワクがいっぱい」
子どもたちはお料理が大好き。お友だちと一緒に作る中で、「できた!!」という自己効力感やお友達を大切にする気持ちが育ってきます。園庭でとれるくだものや野菜を使った活動で豊かな感性や科学の目が育ってきます。
園庭からは、「ぶどうのあかちゃんができた」「夏ミカンが黄色くなってきたよ」「今度カレー作りをするんだ」というワクワクした声が聞こえてきます。延長保育では毎日手作りおやつ作りの活動があり、子どもたちは「今日のおやつは何かな?」と楽しみにしています。
こういった活動が特別なことではなく、日常的に行われることで、大和幼稚園の子どもたちの生きる力や自己肯定感はぐんぐん育っていきます。このような教育は現代の社会では重要なことだと感じます。

大和幼稚園ってこんなところ!

体操・音楽・英語(専門の一流の講師陣による教育)

専門講師による教育

体操

年長児より、体操の専任講師により遊びを取り入れた、楽しいスポーツ活動を通して、身体の運動機能の向上と、基礎体力と健康な心と体の充実を図っています。

澤田スポーツクラブ所属 飯塚 幹人先生

音楽

市川文子園長先生

プロフィール:
東京芸術大学音楽学部楽理科同大学大学院修士課程修了

年中児からはリトミックを日々の保育の中で取り入れて、楽しみながらリズム遊びを体験しています。
年長児は、園長市川文子(東京芸術大学音楽学部楽理科卒 同大学大学院修士課程修了)と梅津千恵子先生(東京芸術大学音楽学部器楽科打楽器科卒 同大学大学院修士課程修了。世界的にご活躍されている一流の音楽家)を講師に迎え、大、小太鼓、シンバル、カスタネット、鈴、タンバリン等の楽器でリズム打ちや合唱、合奏等を通して幼児が豊かな音楽体験や表現意欲を持てるよう配慮しています。

梅津千恵子先生

プロフィール:
東京芸術大学を経て同大学院
修士課程修了。

在学中より(財)日本フィルハーモニー交響楽団に入団。第7回日本管打楽器コンクール打楽器部門第1位。在京オーケストラと打楽器・マリンバ協奏曲を数多く共演。文化庁在外派遣研修員としてイタリアに留学。日本フィルに12年在籍後、渡伊、ミラノでパーカッションリサイタルを開催。ラ・ヴェルディ・ミラノ交響楽団でティンパニ打楽器奏者として9年演奏の傍らスイス・北イタリアを中心にソロ・室内楽活動を展開。2012年帰国後、研究室リズムミュージアム(松戸)を主宰し、ソロ、オーケストラ演奏のほか、Trio MVP(Marimba, Vibraphone, Pianoトリオ)では、オリジナルアレンジで独自のサウンドを追求。ワークショップをコンサートに取り入れ、好評を得ている。2016年には国際交流基金(Japan Foundation)の助成を受け、メキシコ・チアパス州で6公演を成功させる。吉田真吾、有賀誠門、デイビット・サアシ―、ジョナサン・スカリー各氏に師事。

リトミック(萩原教頭先生と担任で)
ピアニカ

英語(グローバル教育)

グローバル化が急ピッチで進む現代社会ですが、これから入園されるお子様たちが社会で活躍する将来、世界にはばたき、これからの時代に求められる人材に育てるための一環として、英語はとても便利はツールになります。本園では、お子様たちが将来できるだけ早い時期に海外へ行き、異文化にふれ、自分たちの目で様々なものをみて体験し、グローバルな世界で羽ばたいてほしいと願いを込めて英語教育に力を入れて行っています。
手遊び歌・ダンス・あいさつなどをしながら、楽しみながら体験的な耳からの英語に親しんでいます。(年少・年中・年長/月・木・金の朝 週3回、英国国立大学大学院卒の副園長が担当)。
年中、年長は月1回ベルリッツ所属のネイティブスピーカーの先生によるレッスンあり

大和幼稚園副園長 門脇 薫子

プロフィール:成城大学卒、大手企業に勤務。その後、英国国立 The University of Newcastle Upon Tyne ニューキャッスル大学大学院教育学部幼児教育学科で Master of Education(教育学修士)を取得。通訳:平成17年5月日本保育学会 OMEP 世界総裁シモンシュタイン総裁の基調講演の通訳担当。著書(共著)北大路書房 平成20年「プロジェクト型保育の実践研究」平成19年〜20年 東京成徳大学子ども学部非常勤講師、中学校・高校教諭免許、幼稚園教諭免許、保育士免許取得、こども支援士、一児の母。

月、木、金曜日の朝、全園児に対して、朝の英語遊びを実施。
ご挨拶、天気、歌、ダンス、季節のトピックのボキャブラリー、
自己紹介等全身を使って。